充電 コーナー

充電カード コーナー

やっと、最近になり充電箇所も多くなってきました。

各社の充電カードも多くの種類があり、どれに契約してよいのかわからない人も多いと思います
各種充電カードのご紹介をいたします

こちらに載っていないページなどありましたら、メールして頂けると助かります。

==== 追記 2014/12/25 ====
充電会社について、    NCSが行うことにより、各充電会社の淘汰が行われています2015年4月以降については、NCSによる充電カードもしくは、各国内メーカー(トヨタ・ホンダ・日産・三菱)のカードを使用しての充電となります。輸入車に関する充電に関しては、NCSカード加入により、充電が可能になります。

==== 追記 2015/1/6 ====
合同会社日本充電サービス(以下、NCS)の充電カードの申し込みが開始されました

==== 追記 2015/6/20 ====
最新の情報に更新

現在、存在する充電カードの種類です

メーカー系カード
充電カード 説明 料金
三菱自動車 三菱自動車ユーザー向け充電カードです。 入会金: 1500円
三菱自動車販売店: 5円/分 (30分150円)
NCSネットワークカテゴリーB: 15円/分(30分450円)
(他自動車メーカー系列施設)
 
ベーシックプラン
月会費:500円
NCSネットワークカテゴリーA: 12円/分(30分360円)
(高速道路・コンビニ・商業施設・道の駅等)
普通充電: 1.4円/分(1時間84円)
プレミアム

月会費: 1500円

NCSネットワークカテゴリーA: 8円/分(30分240円)
(高速道路・コンビニ・商業施設・道の駅等)

普通充電: 1.2円/分(1時間72円)
 
プレミアムプランには販売店での駆動用バッテリー容量測定を、年に1回まで無償で利用可能です
日産自動車 日産自動車ユーザー向け充電カード(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム)です

新車購入時には、スタンダードプラン・ライトプランが選べます
中古車購入の場合には、ライトプランが選べます
スタンダードプラン
月会費: 3000円
都度課金: 無料

※契約期間中の点検や初回車検の料金が月会費に含まれます。
※年間3日まで、日産レンタカーが基本料金の70%OFFでご利用いただけます。


ライトプラン
月会費: 1429円
都度課金: 約1500円/回

※NCSネットワークによる認証機器及び日産自動車ディーラー充電器

なお三菱自動車販売会社での急速充電は有料(15円/分 (税別))となります。
本田技研工業 ※本田技研工業からは、充電カードの情報はありません。 ※家庭充電以外では、NCS及びEVSSカードによる充電となります
トヨタ自動車 トヨタ自動車ユーザー向け充電カードです。 PHV Drive Supportプラス
月額基本料金: 324円
都度課金: 1.62円/分
※加入月から半年間会費(月額会費+充電器利用料)無料。(初回加入時のみ適用)
NCS

合同会社日本充電サービス(以下、NCS)は、NCSが整備する充電インフラネットワークにつながった急速・普通充電器がご利用いただけるカード 発行手数料: 1400円(税抜き)
 
急速充電専用
月会費: 3800円(税抜き)
都度課金: 15.0円/分

普通充電専用
月会費: 1400円(税抜き)
都度課金: 2.5円/分

急速・普通充電共用
月会費: 4200円(税抜き)
都度課金: 15.0円/分(急速充電)
都度課金: 2.5円/分(普通充電)

充電事業者カード
充電カード 説明 料金
NCSネットワーク機能付きおでかけCard JTBコーポレートセールスと日本ユニシスが発行する、EV・PHV充電認証カードです。NCS提携充電器で使用します
 
発行手数料: 1,000円(初回のみ)

プレミア(急速・普通)
月会費: 5,000円
都度ご利用料: 無料(普通)
                     15円/分(急速)
レギュラー(普通充電器のみ)
月会費: 2,500円
都度ご利用料: 無料(使い放題)


コスモ石油カード(EV サービスステーション・ネットワーク) ENEOS、出光、コスモ石油、昭和シェルのガソリンスタンドで使用します
EVSSネットワークの充電器で使用できます

※2015年4月1日以降、ジャパンチャージネットワークの充電器が使用できなくなります
COSMO EV CHARGE ゴールド 月額基本料金: 3000円
COSMO EV CHARGE ホワイト
月額基本料金: 1000円
都度課金: 400円~
COSMO EV CHARGEダブル
月額基本料金: 2000円~(*)
※充電回数 0-4回: 2000円
                  5回以上: 3500円
出光 ENEOS、出光、コスモ石油、昭和シェルのガソリンスタンドで使用します
EVSSネットワークで充電器も使用できます

※2015年4月1日以降、ジャパンチャージネットワークの充電器が使用できなくなります
使いたい放題
月額基本料金: 3,000円(税込)
都度課金
急速充電器 1,000円(税込)
200V単相   300円(税込)
ENEOS ENEOS、出光、コスモ石油、昭和シェルのガソリンスタンドで使用します
EVSSネットワークで充電器も使用できます

※2015年4月1日以降、ジャパンチャージネットワークの充電器が使用できなくなります
Aプラン(ENEOSクレジットカード)
0~4回: 月額 1500円
5~8回: 月額 3000円
9回以上: 月額 4000円
定額プランご利用料金(税込): 3,000円/月
Bプラン(一般クレジットカード)
0~4回: 月額 2000円
5~8回: 月額 3500円
9回以上: 月額 4500円
定額プランご利用料金(税込): 3,500円/月
G-Station トヨタメディアサービスの充電器で使用します 登録手数料: 2,000円(税別)
年会費: 無料
都度課金: 100~300円/時間
※都度課金は、充電スポット毎に異なります
エコQ電 首都高速管内や道の駅・コンビニ等の充電器で使用します 登録手数料: 無料
※都度課金は、充電スポット毎に異なります
AEC 沖縄県にある充電器で使用します 月額基本料: 1,000円(税込み)
都度課金: 500円/回(税込み)
WAONカード イオンにある充電器で使用します 都度課金: 300円
※WAONカードを充電サービス利用者登録する必要があります
Times Club Card Times駐車場にある充電器で使用します 利用無料
ファミリーマート ファミリーマートにある充電器を’使用します
受電カードはなく、店頭で利用料金を支払います
都度課金
※店舗により料金が異なります

自分が持っている充電カード
   
三菱自動車 電動車両サポート 三菱自動車用NCS充電カード
エコQ電 首都高で充電するために加入
Times Club Card このカードは充電では使用していないが、
駐車場利用でもポイントがたまるので駐車するときには積極的に使用している
G-Station このカードも使ったことがないが、
名古屋にいくことが多いので、充電できるように加入している

関東在住の方には、以下がお勧め。
基本的には、メーカーのNCSカードは、持っておくのが基本。(ディーラーで充電することが可能)
また、今後は、NCS充電カードに統一されているので、NCSカードを持たないと、都度課金の料金が高くなり、PHEVでの充電量では、ガソリン代(3L)と天秤にかけて安い方の運用方法になる。
(PHEVでは、80%充電で6Kwちょっと入るが、チャージモード時のガソリン3Lの価格で充電したほうが安い場合のみ充電することになる)
基本的に定額料金ではなく、従量課金なので、使った分だけの課金となります
同じ箇所の充電器を週に数回利用する方は、定額プランのほうが安いと思います。

三菱自動車 電動車両サポートの加入に限って言えば、
ベーシックとプレミアムプランがありますが、駆動用バッテリー容量測定の料金次第(2015/6月時点では未定)
でですが、年会費とのコスト計算でプレミアムプランが特になることがあります。
駆動用バッテリー容量測定に関しては、一度放電させてからの充電を行うことにより、
バッテリーセル間の補正を行うことにより、バッテリー管理の適正化を行うことにより、
バッテリーを適切に使用することが出来るようになります
普通充電で行っている補正とは違います。
そのため、年間コストからプレミアムプランとベーシックプランで会費が同等であれば、
充電料金の安い、プレミアムプランがお得になると思われます。
 
ご自分の使用状況に合わせて、加入してください
 
 


三菱NCSカード料金について

三菱自動車NCSカードの料金体系がわかりました。

 

すでに、他のブログなどでもすでに公表されておりますが、
DRの販社には、最低でも、連絡が行っており、営業所が知らない場合には、
販社で止めているようです。
(1/11現在、大阪府と群馬県内の販社にて、情報開示しているようです)

 

気になる料金ですが、以下のようになります

  Aプラン Bプラン NCSカード
入会費用 1500円

1500円
(充電料金から500円割引き)

1400円
月額会費 500円 1500円

急速: 3000円
急速+普通: 3400円

三菱ディーラー

5円/分
(30分 150円)

5円/分
(30分/150円)

有料: 料金未定
NCS加盟店

12円/分
(30分 360円)

8円/分
(30分 240円)

15円/分
(30分 450円)

日産ディーラー 有料: 料金未定 有料: 料金未定 有料: 料金未定

 

 

 

基本時には、家で充電する方が多いと思いますが、CHGモード時の充電とのコスト比較では、
128円/L のガソリン料金に対して、NCS加盟店(Aプラン)では、3回までは、ガソリンの方が安く
4回目で、三菱NCS(Aプラン)の方が安くなります。
NCS加盟店(Bプラン)では、7回以上の充電にて、NCS加盟店(Bプラン)が安くなります

 

これでは、年に数回しか遠出しない人には、三菱NCSカードに加入しない方が良いですね
入るとしてもAプランでしょうか

 

これでは、PHEVのシステムを購入しようとしたときの充電コストを考えると、
PHEVの購入をためらう人もいるのではないでしょうか

 

三菱自動車としては、通勤使用時のコスト削減を考えていると思うが、
それでは、このカードの意味はどこになるのだろうか。
月1回の遠出をしないと、そもそも三菱NCSカードを持つ意味がなくなります。

 

PHEV購入者の何割の人が月に4回以上の利用をしているのでしょうか。
せめて月2回で三菱NCSカードを使ってちょっと、お得か同じ位にならないのでしょうか

 

これは、提案になりますが、三菱NCSカードの料金はこのままで、PHEVの受電能力を上げて
30分80%から、15分80%に短縮することはできないのでしょうか。
15分とは言わずに20分でも良いですから、現状より、短くならないでしょうか。

 

受電能力が上がれば、現状のリーフユーザーの充電待ち時間に対する苛立ちも多少は
解消するのではないでしょうか

 

PHEVユーザーの大半は、この料金に不満を持っていると思います
是非、三菱自動車様、ご検討をしていただき、ユーザーの要望を聞き入れてください。

 

 

 

関連ページ

充電箇所検索 コーナー
アウトランダーPHEVに関する普通充電・急速充電箇所に関する情報発信ページです
充電器設置情報
アウトランダーPHEVに関する普通充電・急速充電箇所に関する情報発信ページです